Maj. Mark "Conan" Coan

Interview



Maj. Mark "Conan" Coan (Viper Driver nr. 1287 on the 1K list), a native from Ohio, graduated from VMI and went to pilot training at Reese AFB, Texas. He has accumulated over 2500 flying hours in trainer and fighter aircraft, and is currently assigned to 5 ATAF at Vicenza AB, Italy where he serves in the CAOC (Combined Air Operations Center), controlling all aircraft flying over Bosnia- Herzegovina.

F-16.net: How long have you been flying the Viper?

Maj. Coan: Eight years, with 2 years non fly staff included.

F-16.net: Your number of flying hours in the Viper?

Maj. Coan: About 1,600 hours.

F-16.net: What is your sweetest memory about your assignment in Europe or your tour at Torrejon AB, Spain?

Maj. Coan: Winning the Excalibur Top Flight and Top Gun of Europe.

F-16.net: While in Europe, what impression did you have about the mission of Torrejon's wing and did the other wings (Ramstein, Hahn etc.) all have the same?

Maj. Coan: The role we had over there was to guard NATO's southern flank with a nuclear role out of our FOL in Aviano, Italy.

F-16.net: Conan, you once had to make a "deadstick-landing" in the F-16. Please explain our readers what this is, and tell us something more about that historical and dangerous flight of yours.

Maj. Coan: It was an October 1993 formation take-off out of Miramar NAS (San Diego) and over downtown San Diego at about 7,000ft my F-16 Pratt and Whitney 220 engine died. While maneuvering the jet to crash past the interstate in an unhabited area and simultaneously attempting a restart, I visually acquired Miramars runway and decided I could make it. I came in perpendicular to the runway and had just enough extra energy to bend the plane around and align it with the runway landed and caught the departure end arresting cable.

F-16.net: You flew 62 Missions during Desert Storm, right? How does it feel to have actual war experience? Was it the way you expected a war to be?

Maj. Coan: Actually 45 Desert Storm and 17 Provide Comfort missions the latter of which should not really be counted as combat but they are. The first five missions were extremely intense with Surface to Air Missiles and anti-aircraft artillery filling the skies. We actually expected to lose a lot more guys to enemy fighters but the Iraqi's just did not want to fight. We were happy to be fighting a war that the Generals not the politicians were running.

F-16.net: What was the worst pratical joke ever played on you on Friday nights at the squadron bar?

Maj. Coan: We used to do Canadian rodeos all the time before the age of political correctness came. Also you can still hear an occasional "dead bug" call in some officers club bars.

F-16.net: You have the callsign "Conan"...what story is behind it?

Maj. Coan: It comes from a combination of my last name Coan and from some of my wilder days.

F-16.net: What was your favorite squadron and why?

Maj. Coan: The 614th TFS "Lucky Devils". It is the squadron I went to war with and we had some awesome people there with great comraderie. We won everything from Top Squadron, Crud champions to even the base wide softball championship.

F-16.net: What was your favorite Viper (tailnumber!?)

Maj. Coan: #87242 (I think it was 87) She took me over Iraq and back 45 times with never a scratch and had one of the best crew chiefs in the world Scott Stutler, whom I believe is now with the Michigan Guard or around there.

F-16.net: How many other jets did you fly and how do they differ compared to the Viper, or what can you say about the different models of the Viper itself?

Maj. Coan: I flew the OA-37 and have flown in F-4, F-104, F-1, OV-10 , Mirage 2000 and a few others and nothing will ever compare to a C model Viper, especially with a great engine (GE100, 129).

F-16.net: Any good advice for our younger readers who want to fly the F-16 as well one day?

Maj. Coan: I think if they get to pilot training and can finish in the top percentage of their class they can probably fly a Viper because we have a lot of them. If they are really serious them the standard line of not doing drugs, staying out of trouble, take a good variety of courses in school and get good grades, try to do a lot of extra activities like sports and getting into the Air Force Academy also helps a lot.

F-16.net: Thank you!

Maj. Coan: My pleasure.

- Maj. Coan was interviewed online by Martin Agüera -




Visitor Comments

ブランドコピー
https://www.gmt78.com/product/category/140/4.htm, May 16, 2020 - 05:35 AM

ずーっと前から探していたお財布を、運よくこちらで発見!

発売されたのがずいぶん前らしく、本当にどこを探してもなかったので、見つけた時はとても嬉しかったです!

キズ、汚れ、くすみなどの商品の状態も事細かく記載され、わかりやすくて良かったと思います。

注文から発送、到着がとても早く好感を持てました。

綺麗な字の手書きのお手紙も素敵でした!

気持ちの良いお買い物、ありがとうございました!

お財布大切にします^^*

ブランドコピー https://www.gmt78.com/product/category/140/4.htm

スーパーコピー時計007kopi.com
https://www.007kopi.com/about/3.html, May 24, 2020 - 02:49 PM

【期間限定】WEBでも店頭でも! 世界的な時計の展示会、バーゼルワールドを毎年取材。

まとめると都心の人の場合は、宅配便でお安くならAmazon、店頭買いで夜遅くなるなら新宿のとらAかゲマ、心情的には三月兎さんげっと店、ですかね。

【期間限定】WEBでも店頭でも!明快なホワイトダイヤルとサンドカラーの夜光針&三角マーカーインデックス、マット仕上げのケース、そしてグリーンテキスタイルストラップの組み合わせは、定番シリーズながらも新鮮な印象に。

上述の通りケースサイズは46ミリという巨大なもので、その存在感は抜群と言えますね。

ベル&ロスの中では「小ぶり」で、現在は主力モデル(現行だと26製品もある)となっています。

文字盤の中央にはビーのエンブロイダリーをあしらい、腕元で確かな存在感を放つ。

※本文中における素材の略称は以下のとおり。

さらにベル&ロスは年々相場が下がっており、20万円以下で程度の良い腕時計が入手できる、というのが現状です。

ベル&ロス(BELL & ROSS)は、「視認性」「信頼性」「高精度」「防水性」の4つのコンセプトに基づいて実用性とデザイン性が組み合わされた、1991年にフランス・パリで創業した 新世代のウォッチブランド。

各店の営業時間調べるのにちらっと見た三月兎さんげっと店さんもなんか経営危ういらしいのに頑張ってロスカラ他自転車ゲー展開してらっしゃるみたいなので、個人的には店頭組の人には三月兎さんで買って欲しい。

Amazonでは現時点でマケプレのみの扱いなので、どっか当日行けるお店で予約しよ、と思い早数日(´・ω・`)ゞ 今出てる店舗情報のうち、私の行動範囲内で遅くまで営業してて、ネット予約+店頭受け取りできればなおよし、な条件を満たしているのは新宿のとらAさん(23:00までやってる;;)。

そういえば、当日出かけるから店頭受け取りしたかったんだけど、Amazonってマーケットプレイスだとできないのね。

しかし、ほんと新作出してくれるなら出資したい勢い・・・ファンの中にすっごいお金持ちのイケメンとかいないのかな。

ブランドコピー
https://www.yutooz.com/protype/list-216.html, May 26, 2020 - 12:15 PM

●本商品以外の在庫はありません 二人の共同経営者による製造方針とデザインセンスで、若手ながら老舗名門を圧倒するモデルを次々に展開する。

さらにベル&ロスは年々相場が下がっており、20万円以下で程度の良い腕時計が入手できる、というのが現状です。

つまりは「売れまくった製品が中古市場に流入し、しかしもう人気がなくなったので価格が下がり続ける」という現象。

ベル&ロス自体が「航空機の計器」をイメージし、視認性を重視していることからもシンプルで視認性の高いデザインを持つことになりますが、「精巧さ」が重視される腕時計業界において、この潔さが新鮮に映り、多くのコピーが登場したほど。

はじめて発売した腕時計は「46ミリ」という圧巻のケースサイズを持つBR01。

現在までに様々なバリエーションが発売されており、今購入を考えている「中古Bell & Ross」もこのBR03。

他の高級時計ブランドの多くが100年以上の歴史を誇る中、たった20数年の歴史しかないベル&ロスがトントン拍子で現在の地位まで上り詰めたのは、ある意味奇跡なのかもしれません。

その高いデザイン性が評価され、多くのセレブや著名人に愛用されることとなりますが、デザイナーズブランドということで、地位がやや低く見られたり、機械式腕時計マニアからは評価が低いという事実もあるようです(最近はかなり改善されてきましたが)。

ロレックスとは異なるブランディングにより、独自の地位を確立しています。

機械式は部品と部品の摩耗が生じる部分の油が酸化してしまうため、3~4年で油切れの状態となりそのまま使い続けると部品自体が摩耗して寿命が短くなってしまいます。

Bell & Rossの新着商品は「Bell & RossのMIATA様専用 腕時計 Bell&Ross ブラック」「Bell & Rossの美品★Bell&Ross ベル&ロス BR03-94 クロノグラフ 自動巻 」「Bell & Rossのbell&ross ベル&ロス BR03-92ダイバーズ ブルー」などがあります。

時計を完全に分解します。

関連で言えば下記商品を出品します。

●お手持ちモデルとのフィッテング可否に関しては、画像&サイズ(時計本体側取り付け幅=20mm)を十分に確認して頂き、最終的にはご自身の判断にてお願い致します。

ぼくは少しの間、腕時計のデザインに関連した業界に身を置いていましたが、世界中どの展示会に行っても「ベル&ロス(BR01)の模倣品ばかり」、という時期が数年は続いていたことが思い出されます。

腕時計には様々な種類があり、素材に優れるもの、機能に優れるもの、加工技術に優れるもの、デザインに優れるもの、等々。

ベル&ロスの時計は、デザインは機能に従うとの理念で作られているので、時間は見やすくて当たり前なんですけど、オールブラックモデルは、少し世界観が違いますね。

ブランドコピー https://www.yutooz.com/protype/list-216.html

Leave a comment





Note: Errors and omissions in the above text can be added here. Please note: your comments will be displayed immediately on this page.

If you wish to send a private comment to the webmasters, please use the Contact Us link.